マンション購入する時に考えたい、失敗しない選び方とは

まずは物件を見に行こう

念願のマイホームを買いたいと思い立ったら、まずは物件をいろいろ見て回りましょう。マンションの展示場だけではなく、一戸建ての住宅展示場やお友達の家に遊びに行っても良いでしょう。たくさん見学して、どんな家が自分の理想なのか、だいたい把握しておくと、マンション購入の後に後悔しません。

理想のマイホーム像が浮かんだら、物件探しへ

不動産屋や新築マンションの広告などで、情報を集めましょう。駅の近くに住みたい場合は地価が高いため、一戸建てよりもマンションの方が購入しやすいです。

新築のマンションの場合、まだ物件が建設中でモデルルームだけ見て契約することになるので、パンフレットなどをよく確認して全体像を把握するしかありません。建設中の画像をホームページで公開しているメーカーもあるので、参考にするのも良いでしょう。自分たちの暮らしにどんな間取りが合っているかも、重要なポイントとなります。家族が増えることや、老後に暮らしやすいバリアフリーなど、未来の自分たちを想像しながら考えてみましょう。

マンションライフはご近所付き合いが大事

子供のいる世帯は特に、近所同士で協力が必要になってきます。高層マンションになると、1棟あたり1000世帯を超える住民が生活しています。自治会などの活動が活発な地域は、マンションに居住する条件として、地域の活動参加を義務付けているところもあります。今から住もうとしている地域の特徴をチェックしてみてください。

自分の理想に近い形で新居が見つかったら、素敵なマンション生活を満喫してみましょう。

柏のマンションは、都心部への交通の便が良いところや、最寄り駅に近い高層階のところが多く、経営者やビジネスマンに人気があります。

You may also like...