知らなきゃ損をする?賃貸オフィスのメリットと選び方のポイント

自社オフィスを賃貸にするメリット

賃貸オフィスの利用にはいくつかのメリットがありますが、中でも特に大きなポイントとなるのが初期費用の軽減です。場所によって若干の違いはあるとはいえ、物件を購入するとなればまとまった金額が必要になります。新規で事業を立ち上げる場合には、コピー機や事務机などの設備に費用がかさんでしまうため、負担が大きくなるのは否めません。

その点、賃貸契約であれば費用を抑えてオフィスを手に入れることができます。

賃貸ならではの考えられるデメリット

前述したように、賃貸契約は初期費用の節約できる反面、契約している間は継続的に家賃の支払い義務が発生します。インフレなどの経済状況によっては家賃が高騰したり、建物の取り壊しなどが起こることもあるので注意が必要です。

また、自社ビルと違って物件を資産として残せない点もデメリットと言えます。

失敗しない賃貸オフィスの選び方

物件を選ぶ上で重要となるのが立地です。ここで挙げる立地とは、公共交通機関の充実を含めた利便性になります。取引先など来客の往来が頻繁にある場合、アクセスのしやすさはビジネスに影響を及ぼす大事なポイントです。とはいえ、好立地ともなれば賃料は必然的に高くなってしまうので、駐車場のある駅から離れた場所を選ぶといった柔軟な対応も必要になります。

設備の充実も忘れてはいけないポイントの一つです。防犯対策などは建物を所有する不動産会社やオーナーが行う形になります。個人情報などを取り扱う業種は、特にセキュリティ対策がしっかりと施されている物件を選ばなくてはいけません。

港区で賃貸事務所を借りる場合は、ある程度高い費用を見積もる必要があります。都内でも有数の人気エリアで、賃料相場が高くなっているためです。

You may also like...