片づけが苦手なひとほど設計の前に収納計画をたてよう!

問題点を洗い出しておこう

注文住宅を依頼する際には、さまざまな点を考慮しながら、設計・施工してもらうことになります。一つポイントになるのが、収納問題です。住宅設計の段階では、他のことに気がとられがちで、収納スペースをとりあえず確保していればいいかぐらいにしか考えていないことがほとんどです。しかし、実際に暮らし始めてみると、収納の広さは足りていても場所が悪いなど使い勝手がよくないということもあります。

家の中の片づけは、そこに普段暮らしている人にとって重要な問題の一つです。片づけが得意な人であれば、ある程度設計の段階で、物の取捨選択を含めて収納に関する話はスムーズに進みやすいものです。しかし、片付けが苦手あるいは面倒という人も多いでしょう。その場合、まず、これまでの収納に関する問題点を洗い出し、その解決方法から収納設計を考えていくことが大事です。

性格や行動に合わせて

片づけができるか否かは、人の性格によるものが大きいです。そのため、問題点をもとに、そこに住む人の性格にも配慮して片づけやすい仕組みの設計にしてもらうといいでしょう。住まい手の性格や行動に合わせて動線を整理し、モノをあるべきところに収めるというスタンスでスペースを確保していくことが大事になります。加えて、入れるモノに合わせて収納を造作していきます。家の中のさまざまなものに対して、あるべき居場所というものを設計の段階から設定しておくと、片付く家をつくることができるでしょう。

福岡の注文住宅を少しでもお得に手に入れるには、オプションを省くことが重要です。また、どうしても譲れない部分以外は省いていく事で、さらにお得に建てる事ができます。

You may also like...