家族の健康を守るために住宅を設計する!後悔しない注文住宅の選び方

湿気対策を意識した住宅デザイン

高齢者や体の弱いお子さんがいる家庭が注文住宅を設計する際には、家族の健康を保つ事を意識した住宅設計にしないと、アレルギーなどが原因で体調が悪化する可能性もあります。特に注意しておきたいのが住宅内の湿気対策で、窓の結露が発生しやすい状態を放置しているだけでも、カビが発生してアレルギーを発症するリスクを高めてしまいます。二重サッシなどの断熱性の高めるための設備を最初から設置しておく事で、窓の結露が発生しないように対処してください。浴室の湿気が外部に逃げられない状態が続く事でも、水まわりのカビが多発する事もありえます。通気性を高めるために浴室換気扇を取り付けるといった、湿気対策のアイデアをいくつも考える事で家族の健康を守ってください。

断熱性と採光性のバランスを考える

暗く感じる部屋で過ごすのは嫌だと感じて、大きな天窓を注文住宅に取り付ける人もいますが、天窓から射し込む直射日光が原因で室温が上がってしまう可能性もあります。住宅の採光性を高める事だけを意識するのではなく、断熱ガラスを使った天窓を取り付けるなどの、断熱性を高める事を意識した住宅設計を採用してください。注文住宅なら外壁塗装で使用する塗料まで指定する事が可能で、塗料の種類を変えるだけで室温が1度から2度ほど変化する事もあります。窓ガラスや断熱材の種類など細部まで指定しながら、自分の希望に合う注文住宅を設計してください。気密性の高さにこだわった注文住宅もおすすめで、外気が流れ込みにくい設計の住宅は省エネ効果の高さでも注目されています。

京都の注文住宅で夢の住まいを手に入れましょう。純和風の住宅に住み、京都の歴史を肌で感じる生活が送れます。

You may also like...