気をつけたいところはどこ?間取りを決めるときの注意点

間取りと動線と家具の配置

間取りを決める際に、気をつけたいのが動線です。毎日家の中を必ず歩く動線というものがあるため、それを意識して注文住宅を設計していくことがポイントとなります。洗濯してから干して乾いた衣類を収納するまでの動きを想像してみたり、キッチンなら料理をするときに便利な間取りになっているかを考慮して設計していきます。また、トイレや浴室などの水回りの音は自分が思うよりも響くため、リビングやキッチンから適度に距離を離して音を軽減させる工夫をするのも良いとされています。

また、家具の配置も同時にイメージします。家具の位置によっても動線は大きく変わってくるためです。家具配置シミュレーションなどを使って、事前にどんな感じかを知っておくと失敗を防げます。

注意したい窓とコンセントの位置

間取りを決めるときに意外と見落としがちなのが、窓とコンセントの位置です。窓の位置が住宅の通気性に関わってきますが、風の吹き方は地域によって異なるため一概にどの位置が良いとは言い切れないものです。そのため、窓の位置は立地条件や風通しに合わせて決めるようにします。向かい合わせで窓を作ることが基本ですが、難しい場合には天窓を作るという方法もあります。

注文住宅で、特に注意したいのがコンセントの位置です。設計段階ではあまり意識してないことも多いですが、実際に住み始めるとコンセントの数が少ないと感じたり、位置が悪かったというケースはよくあります。そんなコンセントの位置を失敗しないためにも、家の間取りから計算することが重要です。

自由な外見や内装にできると評判なのが、埼玉の注文住宅です。様々な模様の壁紙やおしゃれな照明などを設置することができます。

You may also like...