家造りは土地選びから!なぜ土地が大切なの?

土地の広さと周辺環境で家造りが変わるから

家造りで土地が重要なのは、土地の選び方次第で家造りそのものが抜本的に変わってしまうからです。家を設計するときには土地の広さに基づいて設計図を引いていきます。また、選んだ土地がどのようにして法律で規制を受けているかによって、土地の境界線からどこまでを使えるか、建物の高さがいくつまで許容されるかも違います。そのため、まずは土地が決まっていないとなかなか具体的な図面で家造りを進めることはできません。アイディアを出すために図面を引くことはできるものの、最終的には土地が決まった時点で書き換えることになるのが普通です。これが家造りは土地選びから始めるべき根拠として知られています。

設計図を作ってから土地を探すことは可能か

家造りを図面で徹底して進めていって完成させた後、この家を建てられる土地を探そうというやり方もできないわけではありません。ただ、このやり方が効果的かどうかはどこに住みたいかによって異なります。土地が潤沢に余っているところであればちょうど良い広さの土地を見つけることもできるでしょう。しかし、都市部のように土地がほとんど余っていないところではなかなか想定しているような土地が見つかることはありません。田舎暮らしをしようという考え方で引っ越す場合には大丈夫なことがありますが、都会で働きながら近くに家を建てようという場合には困難になりがちなので気を付けましょう。まずは土地ありきで家造りをした方が最終的には納得できる姿になることが多いのです。

注文住宅を建てるときには、ハウスメーカーなどとの打ち合わせのときに、イメージを明確にすることが大切です。

You may also like...