新築ではなく中古が良いのはなぜ?別荘を選ぶときのコツとは

値段が安くて買いやすい

別荘を手に入れるときには中古の別荘を買うのが良いと言われています。一般的な住宅の購入と同じように、中古の別荘を買うメリットとして最も大きいのは値段が安いことです。土地を買って新築の別荘を建てるのに比べるとかなり安上がりになります。別荘地では土地の価格が安いことが多いため、価格の大半は建物由来になるからです。特に古い中古の別荘の場合には建物自体の価値がもう失われていて、資産価値的にはマイナスになっていることもあります。それでも住めるからそのまま販売している場合もあり、買い手が付きにくいことから価格が大きく下がっているのが通例です。このような物件に出会うことができればかなり予算を節約することができるでしょう。

立地が良くて使いやすい

中古の別荘は建物自体にはそれほど魅力がない場合もあります。しかし、土地の場所を見てみるととても優れていることが多いのがメリットです。中古の別荘の中にはずっと昔に別荘として使っていた人の物件がよく混じっています。まだ別荘地が人気になる前から使っていた別荘なら、自由に最高の立地を選んで土地を手に入れることができていたでしょう。そのような物件が見つかると立地が良くて生活もしやすく、通いやすいというメリットがあります。このような立地に関する魅力が大きい物件は中古の方がたくさんあります。土地を探したいと思っている人も中古物件を探して建て替えるという発想を持つようにすると選択肢が飛躍的に広がるでしょう。

自分好みにカスタマイズできる、予約不要で思いついた時に行ける、美しい自然に囲まれた別天地でスローライフ!といいことづくしの別荘。人気エリアでも中古の別荘なら1000万円以下で入手可能な物件もあるそうです。

You may also like...